中野潤子写真展 間の気配 さっぽろ @富士フォトサロン東京&札幌 [MISC]

私の母が、写真展を開きます。

間の気配 さっぽろ

 1月 しばれた寒気が札幌の上空をすっぽりと覆いつくします。街中では,子供や若者がこの寒さを楽しむかのように躍動します。雪は限りなく白く輝きます。
 3月 雪解(ゆきげ)をひたすら待ちます。どこの家も氷割りに精を出します。このつるはしの音に,長かった冬からの解放を体感します。春の音が心地よく迫ってきます。
 5月 やっと桜がその花の美しさを誇ります。まだストーブが離せない朝も,心は華やいで弾けます。リラ冷えの夜の雨の音も格別です。
 7月 数少ない真夏日を楽しみます。大通り公園に集う市民の誰もが,夏の影を求めて散策します。水溜りでは散った後のアカシヤの白い花が,小さくまた大きく揺れます。
 9月 快い透明な風が辺りを払います。色づきはじめた遠くの山並みに,コンクリートのビルが呼応の雄叫びをあげます。人々は懸命に仕事に汗します。乾いた汗に凛とした満足感が残ります。
 11月 街を行く人は,一斉にコートをまといます。体も心も自然の猛威に畏敬の念を表すのです。雪の到来が近いことを飛び交う雪虫が告げます。

私は,こんな札幌を,そしてそこに住む人々の姿を,10年間ひたすら撮り続けてきました。カメラに宿る人々の何気ない一瞬の姿に,その敬虔な日常に,はかり知れない尊厳があることを知りました。

今回は,ここ4年間に撮影したものを中心にまとめてみました。

中野 潤子
現在 写真道展審査会員・北海道写真協会会員

東京展 6月23日(金)~29日(木)
富士フォトサロン東京
〒104-0061 東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F
TEL 03-3571-9411
10:00~20:00(最終日は14:00まで)

札幌展 7月21日(金)~8月2日(木)
富士フォトサロン札幌
〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西4-2 札幌三井ビル別館1F
TEL 011-241-7366
10:00~18:30

個展で展示する写真の一部です。


間の気配


曼荼羅の宙


水玉の化粧

略歴

1999 個展「間のオト」札幌大丸藤井セントラルスカイホール
2000 「21世紀に残したい自然コンテスト」田中光常賞
「日本フォトコンテスト」月例年度賞ネイチャーフォトの部5位
2001 「日本フォトコンテスト」月例年度賞ネイチャーフォトの部1位
「4人の写真展」富士フォトサロン札幌
2002 「2002年日中国交正常化30周年記念写真展 日本・中国=人と自然」推薦出品
個展「讃雪の街」富士フォトサロン東京 第12回林忠彦賞 最終ノミネート
2003 個展「讃雪の街さっぽろ」富士フォトサロン札幌・東川文化ギャラリー
現在 北海道写真協会会員・写真道展審査会員


スポンサーリンク
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 4

ririy

こんにちわ~
本日拝見してまいりました。感性豊かで、絵画のようです。
おしゃれなんです街の撮り方、若~いファッショナブルな人が撮ったのかと
勘違いしてしまいます。(イケメンとかと・・)
題名がまたいい!さすが言霊のプロ。尊敬してます。
1999年HPにてご紹介させていただいてもらった、本生徒です~。
HPは休眠状態ですが異業種交流会のブログに載せました。
by ririy (2006-07-23 02:36) 

ririy

誤字すみません。本生徒⇒元生徒です
載せました⇒掲載させていただきました。
失礼しました。
by ririy (2006-07-23 02:38) 

YAS

ririyさん、休日なのに、わざわざありがとうございます。母に話しかけていただけましたか?

あまり宣伝していませんが、本人のBlogもありますので、覗いてみてください。

http://blog.so-net.ne.jp/photo_essay
by YAS (2006-07-23 23:33) 

ririy

実は今日もうかがいました。たまたま友人が道庁赤レンガフェスタで茶道部お点前(男です)やっていて呼ばれており、フォトサロンは目の前ですので
同行者(知人の看護婦長さん)とご一緒しました。
結構ゆっくりお話できました。いつまでもお変わりなくって若々しいです。
作品(めばえを持ったお子さんの写真)の前でご一緒にカメラに収まりました。
「やってみたらはまっちゃたの」と、ご本人談。
でも、はまっても、ここまで極めると言うのは並大抵のことではないですし、
尊敬の一言です。もうすでに芸術家です。
私も着付け着物が好きでなんとなく空いた時間に、ずっとやってきて
はまってるつもりでしたがあくまで「つもり」の自分が恥ずかしく思えました。
やっぱり先生はいつまでも先生だとつくづく感じた次第。
人生のお手本になる生き方をしてる素敵な女性、キラキラしてますもの。
私は遅まきながら、このパワーを見習いたい、頑張ってみます。
by ririy (2006-07-24 01:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました