前の3件 | -

MOOK付属のMARK AUDIOのフルレンジユニットの音を聴いてきました。 [AUDIO]

音楽之友社のMOOKの付録のMark Audioのスピーカーユニットの音を聴いてきました。以前はステレオ誌の付録だったのですが、独立したMOOKに変わったのですね?最初のFOSTEXのユニットのキットのころから購入していたのですが、いい加減飽きて、去年のパイオニアとFOSTEXのものは購入していませんでした。


私はMark Audio主催のMark氏のスピーカー設計の師匠と言われる、E.J.Jordan や Bandor のユニットを多数愛用しています。弟子のMark氏のスピーカーの音質は、全てのモデルを聴いたわけではないですが、秋葉原の小泉無線の店頭で聴く限りでは、反応が鈍く、あまり関心したことはなく、自分で所有したことはありませんでした。また、上手に鳴ったときのJordanやBandorの様な蠱惑的な音は出ていないと思います。


発売前ですが、今年のMOOKのMark Audioのフルレンジスピーカーの試作機を試聴する機会がありました。上記の様な理由で、それほど期待していなかったのですが、前言撤回。これは、なかなか良いです。小口径フルレンジならではの気持ちよく歯切れのよい音質で、箱やアンプとの組み合わせにもよるでしょうが、口径の印象以上に低域がしっかり出ていました。部屋のサイズにもよるでしょうが、音量も不足感無いくらいの音量が出ていました。箱によりますが、低音も割と出ています。「小さなスピーカーが頑張って、ちょっと驚くくらいの音が出ている。」くらいの評価は与えられます。

Stereo誌の過去のスピーカーユニット付録では、個人的には最高の音質と思いました。このスピーカーがペア6000円以下で入手できるのは、かなりのお買い得だと思います。ただし、私は、メタルコーンフルレンジの高域のキャラクターはあまり気にならない方ですから、あくまでレビュアーの好みにあったと思ってください。

複数使って耐入力をアップしたり、サラウンド用の使用も面白いでしょう。


これならできる特選スピーカーユニットマークオーディオ編 (ONTOMO MOOK)

これならできる特選スピーカーユニットマークオーディオ編 (ONTOMO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2018/07/19
  • メディア: ムック
快音! 真空管サウンドに癒される 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット (ONTOMO MOOK)

快音! 真空管サウンドに癒される 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット (ONTOMO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2018/05/19
  • メディア: ムック
スピーカー工作の基本&実例集2018 (ONTOMO MOOK)

スピーカー工作の基本&実例集2018 (ONTOMO MOOK)

  • 作者: Stereo
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2018/07/19
  • メディア: ムック

スポンサーリンク
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PHILIPSのノンフライヤーでローストビーフ [家電]

最近、PHILIPSのノンフライヤーを入手して、油を使わない唐揚げやとんかつを楽しんでいます。思っていた以上に代用感のない揚げ物ができるのに驚いています。


ところで、この調理器、日本ではノンフライヤーと、油を使わずに揚げ物ができる調理器 ということを強調していますが、海外では、スロークッカー的な扱いらしいです。80度程度の低温で調理できるので、もっともなことです。


ということで、ノンフライヤーを使ってローストビーフに挑戦してみました。


DSC_0570.jpg
実は、OGビーフで一度成功した後なので、魅惑のA5ランク和牛です。500g程度。
醤油、オリーブオイル、すりおろし大蒜、すりおろし生姜、あらびき胡椒を混ぜたものに1時間くらい漬け込みます。冷蔵庫から出した状態で漬け込み、肉を室温程度にするとよいでしょう。
ノンフライヤーを190度に設定し、予熱。10分ほど加熱して肉の表面に軽く焼き目ができたら、温度設定を80度まで落として、30分加熱+15分くらい予熱で放置。鉄串を刺して、赤い血が出てこない&鉄串が温まっていれば、中身までしっかり熱が通った証拠。
DSC_0571.jpg
これで、充分、熱が通っています。つけ汁にちょっと火を通せば、簡単なソースになります。
DSC_0574.jpg
完成図。美味しくできました。
フィリップス ノンフライヤープラス(ダブルレイヤーセット) ブラック HD9531/22

フィリップス ノンフライヤープラス(ダブルレイヤーセット) ブラック HD9531/22

  • 出版社/メーカー: Philips(フィリップス)
  • メディア: ホーム&キッチン
フィリップス フィリップス ノンフライヤー HD9216/66 アカ

フィリップス フィリップス ノンフライヤー HD9216/66 アカ

  • 出版社/メーカー: フィリップス
  • メディア:

スポンサーリンク
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

劇場版 マジンガーZ / INFINITY を見てきました。(ネタばれ無し) [ANIMATION]

初日に4DXで、劇場版 マジンガーZ / INFINITY を見てきました。


リアルタイム世代としては、新作を劇場版で見ることは出来るのは感慨深いです。(マジンカイザーのOVAや、テレビシリーズの真マジンガーZは見てましたが。)1980年代の大魔神我をはじめとして、つぶれた企画はたくさんあったようです。どうやら、マジンガーZは権利関係が難しいという噂もありました。(本当かどうかはしらん)


今回の新作映画とOVAの最大の違いは、東映+ダイナミックプロの作品ということ。


予告編を見て、過去の作品とは全く異なる、スピード感溢れるマジンガーの動きに驚きと同時に不安も感じていましたが、ちゃんとマジンガーZ 対 機械獣の戦いになっていました。疾走感あふれる動きと演出も非常によく、ボスの活躍等のお約束も守ってくれました。ずっと見たかったマジンガーZの続編を見れた。という感じ。正直95分では短すぎ。この緊張感を維持した120分以上の作品を見てみたい。


妙に今っぽいストーリーになることも不安だったのですが、正しく永井豪作品。スーパーロボット作品の系列になっていたと思います。


CGでデザインされなおしたマジンガーZの印象が強かったのですが、本編の日常的なシーンは2D作画で旧作の延長上の世界観を感じさせます。


同作の脚本を担当したうめ氏が原作を書いたマジンガーZ インターバルピースを見ると、映画本編の納得感が倍増しますよ。剣鉄也が、粗末なアパートに住んでいる理由とか。


マジンガーZ インターバルピース (ヤンマガKCスペシャル)

マジンガーZ インターバルピース (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 長田 馨
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/12/20
  • メディア: コミック

なお、予告編には、あちこちでだまされていましたw 良い意味で本編への期待を膨らませて、本編を見た人を驚かせる、良い予告編だったと思います。


往年の作品ファンとして、とても面白かったですが、マジンガーZの知識なしでも、ロボットものが好きな人なら、充分に楽しめると思います。


声優はあまり詳しくないのですが、上坂すみれは上手ですね。宮迫博之が上手なのは、何かの作品で知ってた。お笑いの二人は意外と違和感感じなかったので上手だったのでしょう。水木一郎の主題歌は彼の現役感からも外せないとして、旧アニメシリーズの主人公 石丸博也 ヒロイン 松島みのり にも敬意を示した配役があったのも嬉しいことですね。
マジンガーZ/INFINITY 初回限定生産版 [Blu-ray]

マジンガーZ/INFINITY 初回限定生産版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray
マジンガーZ/INFINITY 通常版 [Blu-ray]

マジンガーZ/INFINITY 通常版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray
HG マジンガーZ(マジンガーZ INFINITY Ver.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

HG マジンガーZ(マジンガーZ INFINITY Ver.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: バンダイ(BANDAI)
  • メディア: おもちゃ&ホビー
HG グレートマジンガー(マジンガーZ INFINITY Ver.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

HG グレートマジンガー(マジンガーZ INFINITY Ver.) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • メディア: おもちゃ&ホビー



小説 マジンガーZ / INFINITY

小説 マジンガーZ / INFINITY

  • 作者: 小沢 高広(うめ)
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2018/01/17
  • メディア: コミック
マジンガーZ アルターイグニッション (ヤンマガKCスペシャル)

マジンガーZ アルターイグニッション (ヤンマガKCスペシャル)

  • 作者: 衣谷 遊
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/12/20
  • メディア: コミック

スポンサーリンク
タグ:マジンガー
nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:アニメ
前の3件 | -