前の3件 | -

スピーカーシステムとスピーカーケーブルの関係 [AUDIO]

私は複数のスピーカーを所有していて、その時の気分で使い分けているので、それに合わせてスピーカーケーブルも複数持っています。
バイワイヤリング接続の方が好ましい音の出るスピーカーの場合は、バイワイヤリング結線にしたケーブルを使用するとか、古いJBL等、プッシュタイプのスピーカー端子のスピーカー様には、錫メッキで酸化しにくいBeldenのそれほど太くない線を使うといった、機械的な接続の問題もあります。

それとは別に、音質傾向の合う合わない、音決めの方向性を調整するためにケーブルを選択する場合もあります。個人的には、ケーブルがすべてを決める的な商売をしているオーディオ店を嫌っている一方、ケーブルで出来る音決めも否定はしていない。という立場です。
最近、面白い経験をしました。私の所有するスピーカーの中でもかなり特徴的な音である、Sonus FaverのElecta Amator、独特な艶めかしい高音で、弦の再生はピカイチですが、その一方でアタック音の再生は弱く、音の立ち上がりの早いピアノの再生もあまり得意ではありません。私が複数のスピーカーを所有しているのは、それぞれの得意な音楽で楽しみたいからであって、万能でないことを否定するつもりは無いので、それは全然構わないのです。
私が比較的汎用で使っているのは癖のないLEONIと高域の解像感の良いKimber 8TC どちらも柔らかく取り回しやすいのもお勧めポイントです。たまたま、Kimber 8TCでElecta AmatorとEAR861を接続して聴いていたのですが、どうもぴんと来ない。音の艶が後退してちょっとカサカサしたような印象の音になってしまい、Electa Amatorの良さが出ていないのです。
そこで、比較的濃い音の出るAudioquest Bedrockを接続してみました。こちらは複数の単線を使用した、ちょっと特徴的な構成のケーブルです。細かい音の再生はそれほど良くはないのですが、音の芯がしっかりしていて、こちらの方がElecta Amatorの良さが出ています。しばらくはその組み合わせを採用していました。
先日、ちょっと思い立って、CHORDのRefernceを使用してみました。これは私が所有する中で最も高額なスピーカーケーブルの一つです。解像感が良い方向のケーブルなので、Kimber 8TCの様な傾向が出るかと思ったのですが、これはびっくり。Electa Amatorの良さを活かしたうえで、音の解像感の優れた、Electa Amatorの欠点もある程度補完するような音質変化が得られました。一方、このクラスのケーブルじゃないと、こういうメリットは出てこないのかな?とも、実感。
そういえば、AudioQuest Bedrock以上に、濃い音のケーブルとしては、同軸構造時代のWireworld Eclipseを所有しているので、今度はそちらもテストしてみましょうか…

スポンサーリンク
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

北海道オーディオショウとCAVIN大阪屋 [AUDIO]

2018年9月28日より、札幌の老舗オーディオ店 CAVIN大阪屋の主催で北海道オーディオショウが開催されます。


ちょっと金額の大きな買い物をしたことがあり、私の手元にも招待状が届きました。そこで、大阪屋が創立90年の予想を超える老舗と知りました。以前から札幌の老舗オーディオ店 CAVIN大阪屋の店名に素朴な疑問を抱いていました。昔は、大阪の会社なのかな?と、思っていたのですが、日本橋電気街にそれらしい店は有りませんでした。(ちなみに、同じく札幌の老舗の書店、なにわ書房は社長が浪花さんです。)

ちょっと調べると、下記の記事を発見。創立者のお名前がわかりました。やはり、大阪さんではないですね。
創立者の森田新造さんを調べてみると、なかなか面白い方で、大阪で飛行機を飛ばしたり自動車関係の事(趣味人?)をやっていたらしいです。飛行機を止めた後は模型屋、その後、北海道にわたって事業を始めているので、
それにちなんで、出身地の大阪の名前を屋号に入れたのでしょう。二代目が家電に力を入れたとのことで、大阪屋の最初の商売は電蓄とは関係なかったのかもしれません。
大阪屋は試聴室を作り直してから、セッティング等、結構しっかりやっていますし、秋葉原電気街のオーディオ店の平均点よりは上の音をだしています。取り扱い商品にも、変な拘りなく、ピュアオーディオからホームシアター、幅広いメーカーを扱い、アクセサリー類やケーブルを自作するときのコネクタ類、スピーカーユニット等、自作系の商品もある程度扱っています。一店で幅広い分野に対応した、良いオーディオ店だと思います。

スポンサーリンク
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MOOK付属のMARK AUDIOのフルレンジユニットの音を聴いてきました。 [AUDIO]

音楽之友社のMOOKの付録のMark Audioのスピーカーユニットの音を聴いてきました。以前はステレオ誌の付録だったのですが、独立したMOOKに変わったのですね?最初のFOSTEXのユニットのキットのころから購入していたのですが、いい加減飽きて、去年のパイオニアとFOSTEXのものは購入していませんでした。


私はMark Audio主催のMark氏のスピーカー設計の師匠と言われる、E.J.Jordan や Bandor のユニットを多数愛用しています。弟子のMark氏のスピーカーの音質は、全てのモデルを聴いたわけではないですが、秋葉原の小泉無線の店頭で聴く限りでは、反応が鈍く、あまり関心したことはなく、自分で所有したことはありませんでした。また、上手に鳴ったときのJordanやBandorの様な蠱惑的な音は出ていないと思います。


発売前ですが、今年のMOOKのMark Audioのフルレンジスピーカーの試作機を試聴する機会がありました。上記の様な理由で、それほど期待していなかったのですが、前言撤回。これは、なかなか良いです。小口径フルレンジならではの気持ちよく歯切れのよい音質で、箱やアンプとの組み合わせにもよるでしょうが、口径の印象以上に低域がしっかり出ていました。部屋のサイズにもよるでしょうが、音量も不足感無いくらいの音量が出ていました。箱によりますが、低音も割と出ています。「小さなスピーカーが頑張って、ちょっと驚くくらいの音が出ている。」くらいの評価は与えられます。

Stereo誌の過去のスピーカーユニット付録では、個人的には最高の音質と思いました。このスピーカーがペア6000円以下で入手できるのは、かなりのお買い得だと思います。ただし、私は、メタルコーンフルレンジの高域のキャラクターはあまり気にならない方ですから、あくまでレビュアーの好みにあったと思ってください。

複数使って耐入力をアップしたり、サラウンド用の使用も面白いでしょう。


これならできる特選スピーカーユニットマークオーディオ編 (ONTOMO MOOK)

これならできる特選スピーカーユニットマークオーディオ編 (ONTOMO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2018/07/19
  • メディア: ムック
快音! 真空管サウンドに癒される 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット (ONTOMO MOOK)

快音! 真空管サウンドに癒される 特別付録:ラックスマン製真空管ハーモナイザー・キット (ONTOMO MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2018/05/19
  • メディア: ムック
スピーカー工作の基本&実例集2018 (ONTOMO MOOK)

スピーカー工作の基本&実例集2018 (ONTOMO MOOK)

  • 作者: Stereo
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2018/07/19
  • メディア: ムック

スポンサーリンク
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -