左右のスピーカーケーブルの長さは揃えるべき? [AV FAQ]

私のオーディオルームは長辺方向にスピーカーを設置し、センターをTVやスクリーン設置場所とするために、センターラックにできず、短辺側にオーディオラックを設置しています。

結果として、スピーカーケーブルは片チャンネル最低5mは必要。2ch分で10m、高級スピーカーケーブルを使うと、大変な出費となってしまいます。

スピーカーの片チャンネルはラックと近いので、2mもあれは充分なはず。左右のスピーカーケーブルの長さを揃えることを放棄すれば、3m分のコストを節約できます。おそらく、同じような環境の方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

スピーカーケーブル3mと5mの音質差を聞き分けられるか?と言われると、実験したことがないから判りませんが、正直言って自信はありません。長めのケーブルをぐるぐる巻いて設置したりすると、そちらのほうが電気的に影響が大きいはず。

それに、左右の壁の状態(吸音か反射か?とか)のバラツキ方が数mのケーブルの差より音質に対する影響は大きいかも?

オーディオ装置の音の違いは、部屋の音響を含めたトータルのバランスの結果なのです。

というわけで、色々な条件を考えると、左右のスピーカーの長さを揃える事にコダワルこともないのでは?とは思います。


でも、私は左右の長さを揃えてます。

なんとなく、揃えていないことの悪影響があるのでは?と、気になりそうだし、長さ不揃いのケーブルは、機材更新で不要になっても、中古等で非常に売りにくいでしょうから。

まあ、結論はないのですが(笑


# 最近、更新が滞っていたので、独り言です。

スポンサーリンク

スピーカーケーブルにバナナプラグを取り付ける。 [AV FAQ]

スピーカーケーブルの末端を処理してみましょう。

今回はオークションで入手した中古のS/A Labのハイエンドホース3.5にバナナプラグを取り付けます。

私が入手したものは、工業用のY型端子で処理されていましたが、簡易的な圧着工具を使ったようで、写真の様に、良い末端処理とは言えませんでした。(Y型端子の処理は、てこの原理を利用したしっかりした圧着工具を使用しましょう。)また、銅線部分がむき出しだったため、酸化している部分があるのと、銅線にストレスが掛り、痛んでいました。


端子と被服の間の銅線がむき出しになっている僅かな部分は、柔らかく、銅線に機械的なストレスが集中するのは長期安定使用のためには注意すべき点。これは自分で昔処理して絶縁キャップを取り付けたケーブルでも感じました。

DSC03159.JPG


まずは、古い端子をニッパで切り取り、ワイヤーストリッパーで絶縁被覆を1cm程度取り除きます。中から出てきた銅線の表面は非常に綺麗だったので、このケーブルは問題なく使えそうです。

DSC03161.JPG


このケーブルはシングルワイヤ接続用のケーブルにするので、4本の導線を対角線上に2本ずつ撚り合わせて
まとめます。こうしたほうが、ケーブルの柔軟性が良くなります。今回使用するバナナプラグは半田付けタイプのものなので、軽く予備半田をしてまとめておきましょう。(写真に撮り忘れましたが、予備ハンダをした後、先端部分はニッパーで切り取っています。)

ネジ止めタイプのバナナプラグを使うときは、半田は使わないか、ネジの当たらない場所に使いましょう。接点にスクアランオイル等のオーディオ用の接点改善に使えるオイルを塗っておくと、酸化防止に役立ちますが、圧着やハンダ付けには、長期安定性で劣ります。

DSC03162.JPG


バナナプラグを半田付けします。このバナナプラグは測定器用のコネクタを生産しているメーカーのもので、接触面積も広く強力に接触する、高品質&高性能のものです。(最近は、多くのメーカーが構造を真似していますが、これがオリジナルです)

誤解している人が多いですが、半田は2種類の金属間で合金を作って結合する技術です。半田を接着剤代わりに使うわけではありません。結合面を出来るだけ接触させて、適切な量の半田を流し込みます。コツは、導体とバナナプラグ両方を加熱して、半田が綺麗に流れるようにする事です。

DSC03163.JPG


半田付けが終わったら、ケーブルと半田を纏めて熱収縮チューブで締めます。私は住友電工のスミチューブを愛用しています。これで、撚り合わせたケーブルがばらける事も無くなりますし、剥き出しになった銅線の部分も適切に保護されて、長期的に安定して使えるようになります。

収縮前はこんな感じ。ケーブルの太さに合わせた熱収縮チューブの選択が必要です。今回は6mmのスミチューブを使っています。

DSC03165.JPG


熱収縮チューブはドライヤーの熱程度では収縮しません。100度の温度が必要です。ライターの遠火で加熱する人も居ますが、危険なので、ヒートガンの使用を推奨します。ヒートガンを近づけすぎると、ケーブルによっては絶縁被覆が熱で痛んでしまうことがあるので要注意。

DSC03167.JPG



これで完成。見た目も市販品と同等に綺麗に出来ました。

作業時間はスピーカーケーブル2本(末端8箇所)で1時間弱程度でしょうか?結構手間なので、バルクのスピーカーケーブルと、端子付きで販売されているスピーカーケーブルの価格差も、ある程度納得できます。



 

(STRAIGHT/ストレート) 熱収縮チューブセット 35-60035

(STRAIGHT/ストレート) 熱収縮チューブセット 35-60035

  • 出版社/メーカー: (TOOL COMPANY STRAIGHT) ツールカンパニーストレート
  • メディア: その他



住友電工 熱収縮チューブ 一般用 黒 SMTA8B10M

住友電工 熱収縮チューブ 一般用 黒 SMTA8B10M

  • 出版社/メーカー: 住友電工ファインポリマー(株)
  • メディア: その他






RYOBI ホットエアガン HAG-1550

RYOBI ホットエアガン HAG-1550

  • 出版社/メーカー: リョービ
  • メディア: Tools & Hardware



(STRAIGHT/ストレート) ホットエアーガン 400℃ 17-491

(STRAIGHT/ストレート) ホットエアーガン 400℃ 17-491

  • 出版社/メーカー: (TOOL COMPANY STRAIGHT) ツールカンパニーストレート
  • メディア: その他

エビ 裸圧着端子用圧着工具 使用範囲1.25・2・5.5・8 AK15A

エビ 裸圧着端子用圧着工具 使用範囲1.25・2・5.5・8 AK15A

  • 出版社/メーカー: ロブテックス
  • メディア: Tools & Hardware


スポンサーリンク

AV機器の電源の極性管理は音質改善の基本のひとつ。 [AV FAQ]

オーディオ仲間(といっても、会社の上司筋ですが^^;)が嬉しそうに報告してくれた話。

休日に2時間くらいかけて、全てのオーディオ機器の極性を確認して、極性が間違っていたものは修正したそうです。それまで、人の声に不自然さを感じていたというのが、大幅に改善されたとの事。やはりオーディオ機器の電源管理は大切です。

なにより、時間はトモカク、検電ドライバーを買っても安いもので、お金は殆どかからないのですから、怪しげな音質改善アクセサリに投資するより先に、こういう基本に立ち返った作業は重要です。

とくに、最近のAV機器は、眼鏡型コネクタのものが増えてきて、極性管理が困難。テスターを使った極性チェックも必要。テスターを使う場合は、接続ケーブルなど、他の機器のアースと接続されているケーブルは抜くのが基本ですよ!

過去記事より。

電源の重要性について 主に、電源のわけかたや、極性管理について。

電源の重要性について 2 主に、ノイズフィルター関係について


先日、非オーディオマニアのジャズ演奏家に、"電源コンセントによる音の違い”を実感してもらって、ちょっと嬉しかったのは、あまりオーディオアクセサリに熱心になりすぎるのに反対(というか、人には勧めない主義)の私としては、二律背反だけれども、ちょっと嬉しかったのは内緒です(笑


103-F 低圧用検電ドライバー

103-F 低圧用検電ドライバー

  • 出版社/メーカー: ビッグフィールド
  • メディア:



103-F 低圧用検電ドライバー

103-F 低圧用検電ドライバー

  • 出版社/メーカー: ビッグフィールド
  • メディア:



ネオンランプが点灯したほうの差込口がホット側です!

スポンサーリンク