AV関係展示会 ブログトップ
前の3件 | -

ヨシノトレーディング@2014東京インターナショナルオーディオショウ [AV関係展示会]

私自身がEARのアンプのユーザーということも有り、注目していたヨシノトレーディング。今年からTIASに参加です。EARのメーカーとしての位置づけを考えると、やはり、TIASに出展しているのが、本来の形ではないかと思います。

DSC03879.JPG

オーディオマニア向けというより、音楽ファン向けに数多くのレコードイベントを実施していたヨシノトレーディングは、今回もアナログ音源に注力した展示です。終了間近の時間帯では、ルパン三世、宇宙戦艦ヤマト、美輪明宏と、オーディオイベントでは今まで再生されることのなかったようなレコードが再生されていました。席をたつ人も居ましたが、私は自由で良いと思いました。

DSC03873.JPG

大滝詠一聴きたかった!

 DSC03877.JPG

DSC03880.JPG

DSC03881.JPG

DSC03882.JPG

DSC03883.JPG

 


雑感@2014東京インターナショナルオーディオショウ [AV関係展示会]

今年より、開催時期が11月から9月に変更になった東京インターナショナルオーディオショウ。それ以外にも、いろいろ変化が有ったように感じました。

 

最大の変化は、JBLやMarkLevinsonを擁するハーマンインターナショナル・ジャパンの離脱でしょう。どうやら、IASJへの参加にはいろいろな条件があり、直営店ビジネスをやっていないのも、一つのポイントらしいです。ハーマンは、東京ミッドタウンに直営店をオープンしており、そちらのほうが利益になると判断したのでしょう。 

 

その他にも、代理店変更が多かった印象を受けました。たとえば、Vienna AcoursticがCECからナスペックに。Lindemanがアッカからユキムへ。Krellがアッカ。それに、ヨシノトレーディングの新規参入。

 

客は例年の休日より、ちょっと少なめではないかなぁ?CHINA系の来客も少なかったように感じました。明日明後日は、平日だけど、来客数大丈夫かね?って、私が心配することじゃありませんねw

 


エソテリック@2014東京インターナショナルオーディオショウ [AV関係展示会]

DSC03884.JPG
 
DSC03887.JPG 
 
 
駆け足で、エソテリックカンパニーを訪問。この数年、ずっとアヴァンギャルドのホーンスピーカーを鳴らしているタイミングでしか訪問できていなかったのですが、今年は運良くカンタベリー15を大音量でジャズを再生しているのを聴くことが出来ました。
 
見た目はクラシカルな雰囲気のキャビネットですが、充分な補強や音響処理ができているのでしょう。非情に歯切れよく軽快な音質で、同じタンノイのユニットを使ったLOCKWOODのスタジオモニタースピーカーを使用している私にって、とても好ましい音質に思えました。
 
このスピーカー、もうちょっと小さな12インチタイプがあれば、日本市場でもうちょっと売れると思うのですが、如何でしょうか?(1990年代には、12インチと15インチの2種類のCanterburyがラインナップされていました。)
 
DSC03888.JPG
 
DSC03889.JPG
 
昔は、Van Den Hulのラインケーブルは切り売りが2000~3000円/m程度で秋葉原や日本橋のオーディオ店で売られていて、安価に良質なラインケーブルを作るのには良い選択肢だったのですが、最近は、こんな値段なのですね…
 
DSC03890.JPG
 
DSC03891.JPG
 
DSC03892.JPG
 
 
 
 
 

タグ:TANNOY
前の3件 | - AV関係展示会 ブログトップ