Home Theater ブログトップ
前の3件 | -

Linux TV録画サーバー chinachuのチューナー増設 [Home Theater]

最近、不勉強で、Linuxによる番組録画サーバーが実用レベルになってることを知りませんでした。

知った以上、試すほかありません。余っていたマザーボードとCPU(Celeron G1820)にWE RED 3TBとメモリ8GB(たぶん、そんなに必要ないのですが、4GB買うのと金額が大差なかったので)を買い足して、ubuntu server 14.0.3LTSをインストール。今回は開発が活発なフリーウェアということで、Chinachuを入れてみました。

Ubuntu ServerのISOファイルからUSBメモリを作ってもCD-ROMドライブを認識できないとンストールが上手く出来ないので、DVD-R焼直すといった細かいトラブルありつつも、UbuntuとChinachuのインストール、簡単な動作確認まで数時間で完了。インストール方法を開してくださっているいくつかのサイトに感謝。私が参考にしたのは以下のWeb

PT3とChinachuで手軽に録画サーバ

録画サーバ構築の前準備(Ubuntu・Debian編)、Chinachu・epgrec UNA対応


Chinachuの動作は、なかなか良好なのですが、地上デジタルが3個重なるような録画予約を入れると、ワーニングなしで予約がキャンセルさせる仕様(設定で変更できるかな?)なのが、気になったのと、今まで3チューナーのBDレコーダーでも、まれに予約録画が間に合わなくなることがあるので、2個目のチューナーカードを増設することに決定。早速PT3を注文しました。


PT3 Rev.A

PT3 Rev.A

  • 出版社/メーカー: Earth Software
  • メディア: Personal Computers
 
 
 
 
 
 

手順は簡単。ubuntu server をShutdown後、サーバーマシンを分解し、2枚目のPT3を増設。

再起動で、簡単にチューナーカード2枚分、8個のチューナーをデバイスとして認識。あまりの容易さに驚き。

chinachu@Chinachu:~$ ls -l /dev/pt3*

crw-rw-rw- 1 root video 250, 0 10月  1 23:18 /dev/pt3video0

crw-rw-rw- 1 root video 250, 1 10月  1 23:18 /dev/pt3video1

crw-rw-rw- 1 root video 250, 2 10月  1 23:18 /dev/pt3video2

crw-rw-rw- 1 root video 250, 3 10月  1 23:18 /dev/pt3video3

crw-rw-rw- 1 root video 249, 0 10月  1 23:18 /dev/pt3video4

crw-rw-rw- 1 root video 249, 1 10月  1 23:18 /dev/pt3video5

crw-rw-rw- 1 root video 249, 2 10月  1 23:18 /dev/pt3video6

crw-rw-rw- 1 root video 249, 3 10月  1 23:18 /dev/pt3video7


PT3に2個使いの時の、config.jsonのチューナー設定は下記の通りです。(抜粋です)

  "tuners": [

    {

      "name"        : "PT3-S1",

      "isScrambling": false,

      "types"       : [ "BS", "CS" ],

      "command"     : "recpt1 --device /dev/pt3video0 --b25 --strip --sid <sid> <channel> - -"

    },

    {

      "name"        : "PT3-S2",

      "isScrambling": false,

      "types"       : [ "BS", "CS" ],

      "command"     : "recpt1 --device /dev/pt3video1 --b25 --strip --sid <sid> <channel> - -"

    },

    {

      "name"        : "PT3-T1",

      "isScrambling": false,

      "types"       : [ "GR" ],

      "command"     : "recpt1 --device /dev/pt3video2 --b25 --strip --sid <sid> <channel> - -"

    },

    {

      "name"        : "PT3-T2",

      "isScrambling": false,

      "types"       : [ "GR" ],

      "command"     : "recpt1 --device /dev/pt3video3 --b25 --strip --sid <sid> <channel> - -"

    },

    {

      "name"        : "PT3-S3",

      "isScrambling": false,

      "types"       : [ "BS", "CS" ],

      "command"     : "recpt1 --device /dev/pt3video4 --b25 --strip --sid <sid> <channel> - -"

    },

    {

      "name"        : "PT3-S4",

      "isScrambling": false,

      "types"       : [ "BS", "CS" ],

      "command"     : "recpt1 --device /dev/pt3video5 --b25 --strip --sid <sid> <channel> - -"

    },

    {

      "name"        : "PT3-T3",

      "isScrambling": false,

      "types"       : [ "GR" ],

      "command"     : "recpt1 --device /dev/pt3video6 --b25 --strip --sid <sid> <channel> - -"

    },

    {

      "name"        : "PT3-T4",

      "isScrambling": false,

      "types"       : [ "GR" ],

      "command"     : "recpt1 --device /dev/pt3video7 --b25 --strip --sid <sid> <channel> - -"

    }

  ], 

 

2台のPT3にアンテナ信号を送るのには、ダブル分波器(混合アンテナ信号を、地上波2個、BS/CS2個に分配してくれる)がとても便利でした。



常時通電のハードディスクの選択肢は、若干高くてもWD RED一択でしょう。


WD 内蔵HDD Red 3TB 3.5inch SATA3.0 64MB IntelliPower WD30EFRX

WD 内蔵HDD Red 3TB 3.5inch SATA3.0 64MB IntelliPower WD30EFRX

  • 出版社/メーカー: Western Digital
  • メディア: Personal Computers

 
スポンサーリンク

起動が極端に遅くなった PS3 torne の対策方法 [Home Theater]

ソニー製のBDレコーダーを複数台、複数の部屋に所有しているので、それらを一括操作できる、PS3用のレコーダー torneを非常に便利に使っています。

ところが、暫く前から、理由は良く判りませんが、torneの起動が非常に遅くなり困っていました。最初は、なんとなく遅いくらいだったのが、何時の間にか、初期画面で数分反応なしになるまで悪化…

不要な録画済コンテンツを削除しても効果なし。そこで、一旦、PS3のクロスメディアバーから、torneのアプリを削除し(この時、torneのデータは削除しません。録画済の番組が見れなくなります!)、torne付属のDISCより、アプリを再インストール → torne起動 → torneアプリを最新版にアップデート

してみたところ、不具合が解消されて、torneが素早く起動するようになりました。

最近、torneの起動が遅くなっている。と、思っている方は、試してみては如何でしょう?

 

 

torne (トルネ) (CECH-ZD1J)

torne (トルネ) (CECH-ZD1J)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game

nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)

nasne (ナスネ) (CECH-ZNR1J)


スポンサーリンク
タグ:PS3 torne
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

QUAD 510 5台 でサラウンドを [Home Theater]

現在、私はサラウンドシステムを2系統組んでいます。

1組はコストパフォーマンスに優れたSONY STR-DN2030 と PMC DB1 x 5を使用したシンプルなもので、リビングのちょっと古い52吋テレビと組みあせて、家族が楽しんでいます。

ホームシアタールームでは、以前はマランツのAV8003のAIRBOW改造モデルを使用していたのですが、HDMI CECに対応しない等、使い勝手が悪く、音質にも納得出来なかったので、しばらく前にSONY TA-DA5600ESに入れ替えました。ただし、フロント2ch分は、AVセンターアンプのプリアウトを利用し、別のパワーアンプを使用していました。

その後、QUADの業務用モノラルアンプ 510を5台揃えることが出来たので、TA-DA5600ESのAVプリ機能と、パワーアンプ部はモノラルアンプ5台を使用したサラウンドシステムを組んでいます。連休を利用して、QUAD 510の内部パーツの状態も再確認し、一部パーツの交換や劣化したハンダ付けの修正といったメンテナンスを実施したので、安心して使えるようになりました。

QUAD 510は、1984年から1995年にかけて、4000台弱が生産された業務用のアンプで、ラックマウントタイプのため、QUADとしては珍しい19吋サイズです。回路的には、QUAD 405を基本として出力アップし、Output Transと設定切り替えのカード基板の組み合わせで、多彩なインピーダンスのスピーカーとマッチング性を高めたものです。同一筐体でステレオタイプの520というアンプが有りますが、此方はOutput transを持たず、回路構成は606系統のものになっています。

日本では、当時の代理店だったハーマンインターナショナルが電源100V仕様(QUAD UKに確認)のものを輸入し、コンスーマ市場向けにも販売していました。恐らく、日本国内での販売台数は数百台程度と思いますが、そのうちの5台を揃えることが出来ました。(これとは別に、当初、サラウンドチャンネル用として入手した520も手元に有りますが^^;)

DSC04149.JPG
 
発注したラックが届いていないので、とりあえず、今までのラックに詰め込みました。ヒートシンクは側面配置なので、放熱は大丈夫にせよ、このままではインシュレーターで振動対策する場所の余裕もありませんね。

歴代のQUAD製品の中でも最も駆動力を持つQUAD 510を5台使ったサラウンドは、非常に音離れの良い音を楽しませてくれます。モノラルアンプの効果も絶大でしょう。質の良い電源ケーブルを5本揃えるのも大変でした。勿論、最低域はSA LOGIC D-CUBE2で補強済。

あとは、本来のサラウンド用のスピーカーの復活か…(今は、KEF LS50を3台と、リア用にROGERS LS3/5A + AB2を使用しています。勿論、充分いい音なのですが、私のメインスピーカーのクラスではないので。)

 

 


スポンサーリンク
タグ:Quad
前の3件 | - Home Theater ブログトップ