オークションにはびこる偽物オーディオアクセサリー [AUDIO]

スピーカーケーブルやインシュレーターのようなオーディオアクセサリーは、最近のものは高額ということも有り、以前から偽物の多さが指摘されていました。

先日、ちょっと欲しいパーツがあって、オークションも含めて眺めていたら、Hubbellというアメリカのコンセントやコネクター類を作っているメーカーの製品が妙に安く新品で出ているのを発見。まあ、安いだけなら、ストックを処分したいと考えればよいのですが、面白かったのは、そのメーカーには、存在しないIEC320の100~120Vタイプのソケットまでセットになっていたのです。2013年のHubbell社の総合カタログで確認しましたが、250VタイプのIEC320ソケットは出していますが、100~120Vタイプは出していないのです。

怪しいHubbelのコネクターの出品者のその他の出品物を見てなんとなく納得。相場とかけ離れた値段の海外製スピーカーケーブルやアクセサリー類が大量に出品されていました。

此等はどこから流通しているのか、私が仕入れているわけではないので判りませんが、例えば、最近有名になっているalibabaというE-commerceサイトで、検索すると、あり得ない値段で高級オーディオアクセサリ類が出品されていることが判ります。

たとえば、Kimber Kableを検索してみると ← クリックしてみてください。

驚くような値段です。Kimberはアメリカのメーカーですが、Chinaの深センから出荷されるものを数多く発見しました。

さて、これはKimberの工場が深センにあって、そこから世界中に販売されている正規商品でしょうか?それとも、Kimberの工場か下請けが、メーカーに内緒で流しているモノとしては本物の商品でしょうか?それとも、Kimberとは全く関係のないコピー品でしょうか?

Kimberの公式ブログにこういうエントリーがありました ← クリックしてみてください。 

そういう怪しげなものが、オークション経由で流通していても、私は驚きません。

中古市場でメジャーなブランドのオーディオケーブル類を購入するときは、日本の代理店の記名入りの素箱や、海外購入品でも信頼できるショップで購入した証拠がないものは、偽物のリスクがあると考える必要がありそうですね。

 


タグ:auction

横浜石川町グルメ 洋食の美松 [GOURMET]

10425475_10205411774395324_1797455509045191143_n.jpg
 
毎年、この季節になると何時始まるか気になるのが、横浜の洋食の美松のカキフライです。
 
今年は、Twitter検索で写真をアップしている人を見つけてカキフライの季節になったのを確認できました。
 
 
美松のカキフライは小さめの牡蠣がタップリ。勿論、あえて、小さめの牡蠣を選んで使っているのでしょう。 牡蠣の味がとても濃い。しっかりサクサクに揚がっていて、ちょっと時間が経ってもサクサク感が失われないのは、美松のフライの特徴です。

TV番組で紹介された直後らしく、混んでいました。番組で紹介されたチキンカツを食べている人より、ハンバーグが沢山でたらしく、お昼の時間帯はハンバーグが売り切れでした。

料理人が一つ一つ丁寧に作っているのが、最大の特徴。付け合せのスパゲッティすら、作りおきではありません。

私にとって、一番のカキフライは美松。牡蠣好きの方は是非。