前の3件 | -

HP ML110G5のCPU交換と4TB以上のHDDの動作確認 [PC]

FreeNasで使用しているちょっと古いHP ML110G5、BIOSでは2TB以上のHDDを正常認識できませんが、起動ドライブではなくデータ用としては問題ないのでは?と思い、2TBのHDD x 4で構成されるRAID-ZのHDDを1台のみWD REDの4TBに交換して実験したところ、FreeNasからは問題なく4TBで認識してくれました。

容量の7~8割程度使用したRAID-Zでリビルドしても問題なく動作しているので動作に問題はないでしょう。のこり3台の交換は後日行うとして、4TBのHDDの動作は問題なさそうです。 

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB Red  WD40EFRX / IntelliPower / SATA 6Gb/s / 3年保証

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 4TB Red WD40EFRX / IntelliPower / SATA 6Gb/s / 3年保証

  • 出版社/メーカー: Western Digital
  • メディア: Personal Computers

 

 

 


シンプルなFreeNASとはいっても、RAID-Zで運用しているので、シングルコアのCelero440ではGUIも重く、読み書き速度も性能が出ていないのでは?と、疑問が生じていました。幸い、今となってはLGA775のCPUは上位モデルでも中古で格安で購入できるので、Core2Duo E8400を購入し、乗せ換えてみました。

結果は上々。FreeNASのブラウザ上でのGUI動作も素早くなりました。Celeron440当時ではちょっとファイルの読み書きをした程度でCPUロードが上がっていたのに、E8400に変更してからは、CPUロードが低く安定しています。Crystal Disk Markで測定したCIFSのネットワークドライブの速度も特に書き込み速度が倍程度の速度に向上し、格安サーバーの延命としては効果的なものになりました。

Celeron440.png
 
Celeron440でのベンチマーク結果
 
E8400.png
 
Core2Duo E8400でのベンチマーク結果 

タグ:FreeNAS

ツイスト型自作ケーブルの顛末 [AUDIO]

DIY AUDIOの世界でスピーカーケーブルを作るものもあります。メーカー製とは異なる、ちょっと凝った構造のものを作れるので、こういう世界を知ってから、私も興味を持っていました。

まず、私が作ったのは、Low-Inductanceケーブルとして、比較的メジャーな自作パターンの一つ、ツイスト線を組み合わせたものです。

作り方は下記のページを参考にしてください。作例ではチューブをかぶせるなど凝った処理をしていますが、私は実験なので、そこまではしていません。


電線は手元にあったCanareの4S6を分解し、中から4本の電線を取り出して使いました。8本の電線から4本のツイストペア線を作り出すので、必要とするケーブルの倍以上の長さの4S6が必要になります。

8本のケーブルを使うため、断面積はプラス側/マイナス側共に、4S6の倍の2SQ分の太さとなり、一般的なスピーカーケーブルとして充分な長さと言えるでしょう。出来上がった自作品は、見た目はなかなかです。

DSC_6946.JPG

音は、4S6をそのまま使うよりは、少し良いけど、ちょっとぼけた感じの、どこか物足りない音でした。柔らかくて取り回しは悪くないので、実験用に使うことはあっても、サブシステムですら出番はありませんでした。

ところで、このケーブルの見た目、実際には、全く異なるのですが、KIMBER KABLE の編み込みタイプのケーブルを彷彿とさせられませんか?

そこで、KIMBER KABLE の一番ベーシックな製品 4PRと比べてみました。4PRは、プラス側/マイナス側それぞれ4本のケーブルを独自の編み込みで作られたケーブルで、今回の自作品のような単純なツイスト線ではありません。

ケーブルの断面積は13AWG相当。2.5SQ程度ですから、自作ケーブルよりは若干断面積が大きいです。
それより、カナレの導線が一本一本が細く柔らかいケーブルだったのに対し、Kimber 4PRの導線はもっと太目で割としっかりした硬さのものでした。ただ、ケーブル全体としての4PRは非常に柔軟性に富んだものです。
 
DSC_6943.JPG 
 
両者のケーブルは、2m強で長さはそろえたわけではありませんが、大きく異なりません。末端処理は測定器用の高品質なバナナプラグ(はんだ付けタイプ)を使用しました。

真空管アンプ(EAR861)と、シングルワイヤリングのスピーカー KEF LS50の間に入れて使ってみました。

自作ケーブルは、自然と言えば自然な音なのですが、色々と物足りない音で、LS50の性能を発揮できているようには聞こえません。4S6は切り売り75円/mくらいなので、原価150円少々と考えれば価格以上ですが、製作に相当な時間が掛かっています。

一方、Kimberケーブルは、解像度が非常に高く、音場も綺麗に広がります。高域も綺麗に伸びていて、スッキリ、クッキリした気持ちの良い音です。音の厚みはもうちょっと欲しいな?と、感じましたが、充分にオーディオ的な快楽を感じさせる音でした。(なお、音の厚みや一層な高域の解像感は上位モデルの8TCで素晴らしいと感じるレベルの音が出ました。)

ヨドバシで切り売り1290円(10%還元)と、比較的安価な事を考えると、スッキリした音が好きな人には、非常に価格性能比の高いスピーカーです。私はこの製品をリビングの比較的お気軽なサラウンドシステム(SONY STR-DN2030 + PMC DB1 x 5)のフロントとセンター用に使うことにしました。
  
より上のクラスを狙うには、絶縁体をテフロンにした4TCが良いでしょう。(導体が倍の8PRという製品も有りますが、4PRで2.5SQという充分な断面積があるので、これ以上は断面積よりは素材の質を上げていった方が好結果を得やすいはずです。私は断面積倍かつテフロンの8TCを使っていますが…)

今回、私の自作ケーブルは4PRに完敗でしたが、素材やツイストの間隔を変更したら、また、別の結果が出るかもしれません。


P.S.
蛇足ですが、KIMBER KABLE は非常に偽物(FAKE)の多い製品です。CHINA系の某ECサイトでは、香港やCHINAから
大量のFAKE品と思われるものが、本国価格の何分の一というありえない値段で流通しています。KIMBER KABLE社もオークション等で偽物が大量に流通している事を注意しており、購入する場合は信頼のおける専門店で買いましょう。
 
また、末端処理が結構大変なので、性能の良いニッパーやワイヤーストリッパーは必須ですよ。


タグ:AUDIO CABLE

FreeNAS RAID-ZのHDD交換 GUI操作ですべて完了 [PC]

帰宅したら、Freenasを入れているHPのMicro Serverから、ピーピーと警告音が出ています。

大急ぎでFreenasのステータスを確認すると、見事Degrade。HDDが1台分見えていません。
2年前にFreenasで3TBのRAID-Zを組んだのですが、そのとき、3台は新規購入のWD RED。一台は手元にあったSeagateを使用したのですがHDDが逝った模様です。

大急ぎでNASをシャットダウンして、今度はWD REDを注文。やはり、RAID用24時間運用を前提にしたHDDを買うべきでしたね。将来の容量拡張を見通して、今回は4TBを購入しました。


HDDの交換とRAIDの再構築を、全てGUIで実行してみましょう。

すでに、NASはシャットダウンしていたので、電源を落とした状態で故障したHDDを交換し、Freenasを起動。他のマシンからGUI操作します。

RAID-Z_replace1.png

ストレージタグを開き、RAID-Zのストレージを選択し、ボリュームステータスを開きます。右上の赤いステータス表示は、RAIDがDegradeしているからです。

 

RAID-Z_replace2.png

 ada01相当の部分に表示されているHDDは交換品で、当たり前ですが、まだ、RAIDのメンバーとして構成されていません。選択してReplaceボタンを押します。(フォーマット等、不要でした)

 

RAID-Z_replace3.png 

ada01をReplaceするか聞いてきます。このHDDは他のRAID用DISKの3TBより大きな4TBなので問題ありませんね。

 

RAID-Z_replace4.png

表示がこのように変わって、置き換え処理中です。この画面は1分程度表示されるだけだったと思います。

 

RAID-Z_replace6.png

 再構成中の様子です。念のため、この状況での読み書きは最小限に控えたほうが良いでしょう。

 

RAID-Z_replace5.png

 

再構築中のHDDの読み書き状況です。

 

使用済の容量2TB程度でしたが、4時間弱で再構成が完了しました。非常に簡単にHDDの交換が完了。やはり、Freenasは強力なNASです。

 

CDM.png

 

パフォーマンスはこれくらいです。

 


WD 内蔵HDD Red 4TB 3.5inch SATA6.0 64MB IntelliPower WD40EFRX

WD 内蔵HDD Red 4TB 3.5inch SATA6.0 64MB IntelliPower WD40EFRX

  • 出版社/メーカー: Western Digital
  • メディア: Personal Computers

 


タグ:FreeNAS
前の3件 | -