前の3件 | -

2010年版 VAIO E のSSD換装 [PC]

我が家で唯一HDD搭載の古いノートPCのHDDがついに壊れました。VAIO Eの2010年モデル。7年つかったのですから、HDDとしては非常に長寿命でした。妙に動作が遅くなり、Crystal Disk Infoで確認したところ、だいたいセクターが60数個発生していて、危険な状態でした。


購入したのは、Crucial のTLCモデル。TLCの品質は未知ですが、Crucialの品質は信頼していますし、3年保証がついているということは、充分な信頼性があるのでしょう。


Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 275GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT275MX300SSD1/JP

Crucial [Micron製] 内蔵SSD 2.5インチ MX300 275GB ( 3D TLC NAND /SATA 6Gbps /3年保証 )国内正規品 CT275MX300SSD1/JP

  • 出版社/メーカー: Crucial(クルーシャル)
  • メディア: Personal Computers
元のHDDの容量が320GB → SSDの容量が275GBと、容量ダウンの為、SSDにライセンス付属のAcronisのツールは使用できず(多分)、Easeus to do backupを使用。
古いノートパソコンで、内部I/Fが、SATA2.x世代なので、R/W速度は250MB/sくらいですが、HDDと比べたら、相当スムースな動きになったはず。
Crystal Disk Markの結果。ノートPC側のインターフェースが古くSATAS(最大300MB/s)の為、SSDの性能は発揮しきれていません。
CDM.png
換装前のWEI(Windows7時代のものしか残っていませんでした)
before.png
換装後
after.png

スポンサーリンク
タグ:VAIO SSD
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スピーカースタンドの音質改善・共振を止める [AUDIO]

最近、KEF LS50が気に入って、LS50を5本使用したサラウンドを楽しんでいます。


KEF LS50には天吊り金具と組み合わせるようなネジ穴が無く、あのピアノフィニッシュの本体に穴を開けるのは心苦しく、リアスピーカーもスピーカースタンドに乗せて使用しています。もちろん、通常のサラウンドバックスピーカーは、フロントスピーカーと(可能であればセンタースピーカーも)高さをそろえるのが理想的です。が、設置面積を考えると、リアスピーカーは天吊りだとスマートなのは事実ですね。


リアスピーカー用のLS50導入当初、リア用のLS50のスタンドには、暫定的にSones Faberのminima用のスタンドを使用していました。が、これは、組み合わせとしてちょっと違うなぁ。と、気にかかっていたのです。


今回、Naspec扱いの、NORSTONE STYLUM2を安価に入手しました。フランスデザインのデザインが良く、比較的安価なスピーカースタンドです。白、シルバー、黒と三種類のカラーが準備されているので、組み合わせるスピーカーや部屋とデザインを合わせるのに便利そうです。勿論、私が入手したのはKEF LS50と同じ黒です。

モノが届いて驚いたのですが、床用のスパイク+スパイク受、天板にスピーカーに向けたスパイク or すべり止めのゴム と 簡単な工具が付属しており、仕様的には非常に充実しています。スピーカースタンドの支柱内にスピーカーケーブルを通すことができる構造です。ただし、ケーブルは底板、天板を通すため、スパイク底板を持ち上げ、天板とスピーカーの間もスパイク もしくは、別のインシュレーターで距離を開けないとケーブルが通りません。また、比較的細いケーブルでないと、間を通すことは困難でしょう。


さて、上記の説明でもわかるように、このスピーカースタンドの支柱は中空です。特に共振止めの加工はされていませんでした。組み立てた状態で支柱をはじくと、ビーンと共振音が出ます。スピーカーの再生音にもこういった共振が付帯してしまうので、未対策のまま使用するのは避けた方が良いでしょう。


簡単で安上がり(一般的)なのは、ホームセンター等で砂を購入し、完全に乾燥させて支柱内に詰めることです。ただ、完全に乾燥させるのは結構手間ですし、砂を詰める作業、屋内では相当の埃が出るでしょう。(小石でも、悪くはないですが、砂ほど鳴き止めの効果はないです。石の場合は表面のつるつるした丸い石、他と比べて重たい石を使いましょう。軽石ではNGです)


私がおすすめするのはDENON扱いのMUSICTOOLSの共振止めの樹脂粒です。


ミュージックツールズ 振動防止コンパウンドMUSICTOOLS FNA007

ミュージックツールズ 振動防止コンパウンドMUSICTOOLS FNA007

  • 出版社/メーカー: MUSICTOOLS
  • メディア: エレクトロニクス
今回、試してみたところ、50cm程度の支柱の5cm分くらい樹脂を充填した時点で共振音が気にならないレベルまで止まりました。金属製のスピーカースタンドやラックの支柱の共振音が気になっている人には、おすすめアイテムです。
NorStone スピーカースタンド STYLUM2/BLK [Glossy black ペア]

NorStone スピーカースタンド STYLUM2/BLK [Glossy black ペア]

  • 出版社/メーカー: NorStone
  • メディア: 付属品
NorStone スピーカースタンド STYLUM2/SLV [Silver ペア]

NorStone スピーカースタンド STYLUM2/SLV [Silver ペア]

  • 出版社/メーカー: NorStone
  • メディア: 付属品
NorStone スピーカースタンド STYLUM2/WHT [White ペア]

NorStone スピーカースタンド STYLUM2/WHT [White ペア]

  • 出版社/メーカー: NorStone
  • メディア: 付属品

スポンサーリンク

DSC-RX100 を修理しました。 [MISC]

うっかりミスでSONY Cybershot DSC-RX100を落下させてしまいました。ちょっと試した範囲では問題なく写真を取ることが出来、筐体に若干の傷が入っただけに見えますが、ズームやフォーカス操作時にまれにメカニカルノイズを感じることがあり、正常に動作しているのか不安な状態です。また、USBソケット部のカバーが閉じなくなってしまいました。



これを契機にDSC-RX100M3以降のモデルに買い替えも考えましたが、RX100が完全に壊れたわけでもないし、性能面の不満も暗所撮影能力以外はそれほどないし、DSC-RX100シリーズの上位モデルはかなり高額なことから、今回は修理することにしました。ソニーストアで3年ワイド保障をかけていましたが、既に購入後3年以上経過していました。



ソニーの修理代目安金額検索 を利用すると、修理代は定額で15000円+税金のようです。ただ、今回は落下の為、別計算となるようです。



【落下、破損の場合】

破損状況により修理金額が異なります。
修理料金(8,500円の定額修理機種の場合)
8,500円~+税


という記載がありました。とにかく、今回は事情や要望の説明もあるため、秋葉原のソニーサービスステーションを訪問し、修理を依頼しました。落下による影響が判らないので、一通りの動作確認を依頼して、故障個所があるならば修理するようにお願いしています。


結論から言うと、15000円+税金の範囲で修理してもらえました。やはり落下によるメカの破損があった様で、レンズ+メカ部分は一式全交換となっています。また、USB端子のふたの部分もパーツ交換による修理が行われていました。私は気づいていなかったのですが、ノイズが出ることがあるとのことで、撮像素子まで交換されていました。これは落下による影響か、それ以前に発生していた問題かは判りません。


いろいろな意見があるかもしれませんが、私は修理個所の多さのわりに、この修理代金は充分安いと感じました。


注意点があります。
性能に影響ある部分については定額修理の対象ですが、今回は、落下による傷(撮影に影響のない)の修理もしたかったため、それについては別料金となります。筐体パーツについては部品代のみで交換してもらえました。技術料の二重取りは無いということですね。


SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス
SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV 光学2.9倍 DSC-RX100M4

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV 光学2.9倍 DSC-RX100M4

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: Camera

スポンサーリンク
タグ:CyberShot
前の3件 | -